【ユニバーサル・エクスプレスパス7】があれば1歳の子連れでもUSJを効率よく楽しめます♪

今回は「1歳ちょっとの子連れUSJ(ユニバーサルスタジオ)」だし、神奈川からUSJとなるとディズニーに行くように頻繁には来れないので、とにかく短い時間でできるだけたくさんのアトラクションに乗りたいということで、事前に【ユニバーサル・エクスプレスパス7】を購入しておきました。

  【 ユニバーサル・エクスプレス】については【ユニバーサル・エクスプレスを使って待ち時間を短縮】の記事で紹介しています。

USJはとにかく並んでいる時間が長いと言われているので、チビちゃん連れとしては、この待ち時間をできるだけなくし、短時間で人気アトラクションを制覇したいわけです。

【ユニバーサル・エクスプレスパス7】を持って、いざ出発です。

ゲートと反対側は、「ユニバーサルシティ」駅へと繋がる「ユニバーサル・シティウォーク大阪」。アメリカの景色を彷彿させる光景です。真っ青な空でまるで絵葉書のようです。

usj
入り口を入って、初めに目に飛び込んでくるのは、おなじみの地球儀。修学旅行生の記念撮影など、写真を撮る人が列をなしているのでなかなか写真のタイミングが難しかったです。

usj
さぁ、いよいよアトラクションを攻めていきますよ~♪ 【ユニバーサル・エクスプレスパス】があるので、待ち時間を気にせずガンガン行きました。

ジョーズ

USJといえば代表的なジョーズ、まずはここをクリアしました。もちろん【ユニバーサル・エクスプレスパス7】の対象アトラクションです。いつジョーズが出てくるのかドキドキ!突然の爆発や熱い炎にギャー!!

usj
夜になると、周りがまったく見ない中をボートが進んでいくので、昼間とは違ったスリルがあります。婆婆ちゃんが乗ったのは夜で、婆婆ちゃん怖くて泣きそうでした(笑)。

usj

ジュラシック・パーク・ザ・ライド

つづいて、【ジュラシックパークエリア】へと向かいます。ゲートの入り口の頭上にネットが貼ってあって「なんだろう?」と思っていたのですが、このあとすぐにその理由が判明。

写真の「JURASSIC PARK」の赤い文字の上に緑色の曲線が見えると思うのですが、これがあの「フライング・ダイナソー」のレールで、逆さまになって通って行くんです。で、驚いたことに靴が落ちてきました~!!

あわわわ・・・だからネットがあるのねぇー。 落ちてきたのが人間じゃなくてよかったです(汗)

usj
ジュラシック・パーク・ザ・ライド】 こちらも行列ができていましたが、【ユニバーサル・エクスプレスパス7】の対象アトラクションなので、パス専用ラインに通されサクサク乗れました。

usj
乗り場の直前に簡易レインコート(¥400)が売っていて、パパちゃんはこれを買いました。ママちゃんと婆婆ちゃんは来る前に100円ショップでレインコートを買ってきてあったので、これを着ました。簡易レインコートは本当に簡易にできているので、これなら事前に100円で買ってくるのはアリだなと思いましたよ。(USJは水に濡れるアトラクションが多いので、レインコートやポンチョを着ている人がたくさんいました。)

最後にバシャー!!と高さ26メートル・最高傾斜51度から水の中に落ちてくるのですが、レインコートなどなんの役にも立たないくらいズブ濡れ(笑)。見てください、下の写真の水しぶきの大きさ!ディズニーランドのスプラッシュマウンテンなんか比にならないくらい濡れます(汗)。乗っている人はもれなくズブ濡れで、これもまたテーマパークならではの盛り上がりに欠かせないひとつですから、笑って許せました。

usj

ザ・フライング・ダイナソー

さてさて、いよいよ今回の目玉、15周年に合わせて新しく作られた【ザ・フライング・ダイナソー】です。もちろん、【ユニバーサル・エクスプレスパス7】の対象アトラクションです。

usj
世界最長且つ世界最大高低差」と言われている【ザ・フライング・ダイナソー】。何がなんでもこれは絶対に乗りたい!と来る前からパパちゃんとママちゃんが楽しみにしていた最新のアトラクションです。

「キャー!」「キャ~~!!!」と響き渡る叫び声と、頭上をものすごいスピードで通っていくのを見ているだけで、体が震えてきます。

プテラノドンに背中をつかまれて、空中を振りまわされる“という設定なので、足も体もすべてが宙ぶらりん。不安定なんてもんじゃありません。

想像を絶する恐怖感と爽快感!「怖いんだけど、もう一度乗りたい!」という不思議な感覚。しかし、360度容赦なく回転するため、腸がねじれにねじれてかなり気持ちが悪い(汗)。変なところに年齢を感じてしまったパパちゃんとママちゃん。(婆婆ちゃんは当然乗れませんw)

「もう一度乗ろうよ!」とパパちゃん。「今日は勘弁してよー」とママちゃん。婆婆ちゃんはそれを聞いていて大笑い。

やはり一番の人気で、ものすごーく並んでいましたが、【ユニバーサル・エクスプレスパス7】のおかげで、指定時間に行くとすぐに乗れたのには、【ユニバーサル・エクスプレスパス7】の威力を実感しましたよ、すごい!

バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド

バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド】は、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を元にしたアトラクションで、USJが始まって以来5900万人以上が乗ったという大人気のアトラクションです。

残念ながら、2016年5月31日で終了になるということで、ギリギリ体験することができました。

もちろん、こちらも「ユニバーサル・エクスプレスパス7」の対象アトラクションでした。

usj
映画にも出てくるデロリアン。車型のタイムマシーンです。【バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド】は、このデロリアンに乗って過去や未来にタイムスリップするアトラクションです。

usj
このアトラクションのファンも多く、終了を惜しむ声もたくさん見聞きしていたので終了前に乗れたのはうれしかったです。

ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー

ママちゃんはハリーポッターが大好きなので、とにかくハリーポッターエリアにはどうしても行きたかったんです。

この門をくぐれば、いよいよハリーポッターの世界。魔法使いが住む【ホグズミード村】です。ここにはフクロウのお店があったり、ホグワーツ魔法魔術学校の生徒が行くお店がたくさんありました。ハリーポッターと同じ格好をしている人もたくさんいましたよ。

usj
ホグワーツ特急」というハリーポッターファンなら誰でも知っているハリーポッターの中に出てくる汽車です。写真を撮りたい人がたくさんいて、空く瞬間がありませんでした。

usj
ハリーポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー】は、ハリーポッターエリアで一番人気のあるアトラクションで、【ホグワーツ城の中】にあります。

土日などには6時間待ちになることもあるとか。とにかく行列になっていますが、ココも【ユニバーサル・エクスプレスパス7】で時間をかけずに入ることができました。ラッキー!!

usj
まぁ、揺れます(笑)。ハリーポッターがホウキで飛び回るように、とにかく上に行ったり下に行ったりの繰り返しなので、めちゃくちゃ酔います(汗)。ハリーポッターが大好きなママちゃんもさすがにマイッたって言ってました。乗っているときは、足の置き場はありません。空を浮いている感をだすためでしょうね。面白かったけど、このあとしばらくはフラフラが続きました(汗)。

ハリーポッターエリアでは、外でショーもやっていましたよ。

usj
あとは、ハリーポッターファンとして、やはりどうしてもはずせないのが【バタービール】です。バタービールは、魔法界で人気のドリンクです。ノンアルコールなので子供でも飲めます。パパちゃんとママちゃんが飲んで、ふたりともお決まりの泡の「ひげ」を作って写真をパチリ♪映画の中でハーマイオニーがこの泡のひげをつけていたので、バタービールを飲んでいる人たちは、みんなひげを作って写真を撮っていましたよ。

usj

【スパイダーマン】【ターミネーター】

そのほか、【エクスプレスパス7】を使って乗ったアトラクションは、【アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D】と【ターミネーター 2:3-D】で、合計7つしっかり乗ってきました。

usj
スパイダーマンは、婆婆ちゃんは完全に酔いました(苦笑)。ターミネーターは映像とショーが入り混じっていて大迫力。大好きなターミネーターの世界に入り込めたようでパパちゃん大喜びでした。

まとめ

1歳ちょっとの子供がいるので、基本チビちゃんは婆婆ちゃんに預けてパパちゃんとママちゃんでアトラクションを回りましたが、【ユニバーサル・エクスプレスパス7】があったおかげで、全部乗るのは無理だろうと半分諦めていた目玉のアトラクションにすべて乗ることができました。

そればかりでなく、パパちゃんorママちゃんと交代で婆婆ちゃんもUSJの代表的なアトラクションはクリアできました。

3人分となると高いかな、と初めは思っていたのですが、【エクスプレスパス7】がなかったら絶対に全部は乗れなかったでしょう。

待ち時間のロスなく、人気のアトラクションを効率よく、確実に乗るには【ユニバーサル・エクスプレスパス】は絶対にオススメです♪

つづいては、「1歳の子供がUSJで楽しめるところはあるのか」についてルポします。

 >> つづく >>

この記事を書いた人
シルク家 婆婆ちゃん

50代後半の主婦。東京ディズニーランドができる前からの根っからのディズニーファン。公園や動物園、植物園、水族館など自然と触れ合う場所も好き。幼児教育に携わっていた経験から、独自の観点で子供の遊びやお出かけ先をチェック。同時に割引やポイントなど子育てママも喜ぶお得情報も配信中。

子供と遊びながら節約する方法
子供とたくさん遊びたい、でも将来のために節約も頑張りたい。。そんな悩ましい親心を解決してくれるサービスを2種類ご紹介します♪

1つ目は完全無料で作れるのに全国約10,000店舗以上で割引や優待が受けられるカードのご紹介。持っていて損はないので、シルク家もすぐに申し込みましたよ。

⇒完全無料で割引や優待が受けられるカードの詳細はこちら

2つ目は月額料金はかかりますが、全国約120,000店舗以上で割引や優待サービスが受けられる会員制のサービス。上記のカードを作れない方や、お出かけが多くてガッツリ割引や優待を受けたい方にオススメです。

⇒約12万件の割引優待がある会員制サービスの詳細はこちら

賢く節約しながら、子供たちと楽しい思い出をたくさん作ってくださいね♪