2019年TDRの年越し特別営業の抽選応募が始まる!料金や応募方法は?

こんにちは、シルク家のママちゃんです。

今年もこの時期がやってきましたね〜ディズニーの年越し営業の抽選応募がいよいよ始まります!シルク家はまだ子供たちが3歳と1歳と小さいので夜通しパークで遊ぶのは難しいのですが、小学生くらいになれば年越しディズニーは忘れられない思い出になりそうですよね♪今回は、間も無く抽選応募が始まる2019年のニューイヤーズ・イヴ・パスポートについてご紹介するとともに、年越しディズニー経験者のママちゃんがより楽しむためのポイントをご紹介します。

2019年TDR年越し特別営業の内容は?

ディズニーランドのパートナー像

2018年の年越しディズニーは大晦日の午後8時から元旦の午前7時までで一旦閉園し、再度元旦の午前9時から通常営業を開始するという形を取っていましたが、2019年は大晦日の午後8時から、元旦の午後10時まで、たっぷり26時間滞在することができるパスポートとなっています。このぶっ通し営業はとっても久しぶりですね!ディズニー好きならこんなに長い時間パークに滞在できるっていうのは夢のようですよね♪

なお、今年も去年同様、ニューイヤーズ・イヴ限定のスペシャルイベントなどは予定されていませんが、ニューイヤーに向けてのカウントダウンと元旦の午前0時に上がる花火を見ることができますよ。また、毎年1月1日〜5日はお正月限定のグリーティングプログラムなどが企画されているので、新年の新しいプログラムをいち早く楽しむことができます。新しい一年を大好きな場所で迎えたい!という方はぜひ、ニューイヤーズ・イヴ・パスポートの抽選に応募してみてくださいね。

ニューイヤーズ・イヴ・パスポートの利用期間・料金は?

時間とお金のイメージ

前述しましたが、今年のニューイヤーズ・イヴ・パスポートは大晦日の午後8時から元旦の午後10時まで、26時間ずっとパークを楽しむことができます。さらに、元旦の午前4時以降は両パークを自由に行き来できるので、ディズニーランドとディズニーシーを満喫できちゃいますよ。なお、1月1日のチケットを持っている方は午前2時から入場することができるので、そこからはかなりの混雑が予想されそうですね。

また、料金は4歳以上の方は一律で9,700円、3歳以下の子供は無料です。去年から営業時間が延びているのにも関わらず、値段は据え置きという嬉しいニュース。ママちゃんが参加した2009年には13,000円くらいしていた記憶があるので、ちょっと羨ましい。。とはいえ、その頃は限定のパレードやショーがあったので状況は違うんですけどね〜。限定イベントがないにせよ、大好きなディズニーのパークを最大26時間楽しめちゃうパスポートにしてはお得なお値段だと思います♪

ニューイヤーズ・イヴ・パスポートの応募方法・応募期間は?

応募のイメージ

ニューイヤーズ・イヴ・パスポートの応募期間についてまとめてみましたよ。今回は第1弾・第2弾・第3弾と合わせて3回応募できるようになっているので、当選確率もアップするかも!?なお、去年までははがきでの応募もありましたが、今年はすべてオンラインでの抽選応募のみとなっていますのでご注意ください。

  応募期間 当選者発表 備考
第1弾 9月11日(火)正午〜
10月2日(火)午後5時
10月10日(水)~
10月12日(金)
受取方法:自宅に配送
応募回数:両パーク1回ずつ
購入可能枚数:1人5枚まで
ニューイヤーズ・イヴ限定デザインの
ディズニーリゾートライン
フリーきっぷの購入
:可能
第2弾 10月23日(火)正午〜
11月6日(火)午後5時
11月13日(火)~
11月15日(木)
受取方法:自宅に配送
応募回数:両パーク1回ずつ
購入可能枚数:1人5枚まで
ニューイヤーズ・イヴ限定デザインの
ディズニーリゾートライン
フリーきっぷの購入
:可能
第3弾
(第1弾・第2弾に
応募した人のみが対象)
11月20日(火)正午〜
12月13日(木)午後5時
12月18日(火)~
12月19日(水)
受取方法:ディズニーeチケット
(スマホ画面/印刷)
応募回数:どちらか1パーク1回のみ
購入可能枚数:1人5枚まで
ニューイヤーズ・イヴ限定デザインの
ディズニーリゾートライン
フリーきっぷの購入
:不可

応募には東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトのユーザー登録が必要です(無料)。応募開始前に登録しておくとスムーズに応募できますよ。

→東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトのユーザー登録はこちら

ニューイヤーズ・イヴ・パスポートの支払い方法は?

オンライン決済のイメージ

ニューイヤーズ・イヴ・パスポートの支払い方法は、クレジットカード一括払いのみとなっています。当選者に届いたメールに記載されている手順通りに購入手続きをする必要があり、当選していても購入期間が過ぎてしまうと当選が無効になってしまいますので注意してくださいね。なお、一度当選すると購入した・しないに関わらず重複当選することはないので、第1弾の応募期間に当選したのに購入期間を過ぎてしまった、、という場合は第2弾・第3弾で応募しても当選することはありません。。なので当選した方はメールが来たその場で決済をできるように、あらかじめクレジットカードを用意しておいてくださいね。クレジットカード、持っていないよ!という方はシルク家オススメのクレジットカードの中から作ってみてください。どれも審査がそこまで厳しくないカードですので、お好みで選んでみてくださいね。なお、シルク家イチオシのクレジットカードは優待盛りだくさんのエポスカードですので要チェックです。

2019年TDR年越しを確実に楽しむ方法

応募しても落選してしまったら悲しい。。絶対にディズニーで年越ししたい!という方は、バケーションパッケージを購入するか、大晦日にオフィシャルホテルを予約するのがオススメです。バケーションパッケージはディズニーが公式で出しているものなのでディズニーホテルの宿泊をはじめ、ファストパスチケットがついていたりショー観賞券がついていたりととっても豪華ですがその分お値段もかなり張ります。一方、オフィシャルホテルであれば比較的リーズナブルな価格で宿泊することができる上、大晦日の宿泊者限定で、ホテルでニューイヤーズ・イヴ・パスポートを購入することができます。とはいえ、大晦日の宿泊予約はかなり人気なので募集を開始したらすぐに埋まってしまうことが予想されます。8月現在、まだオフィシャルホテルでの予約は開始していないようですが、予約を希望している方は随時チェックして予約できるようになったらすぐに予約するのがオススメです。シルク家はいつもじゃらんで予約していますよ。

年越しディズニーを楽しむためのポイント

ここでは、年越しディズニー経験者のママちゃんから、より楽しむためのアドバイスをご紹介します。特に子連れで参加する予定の方は要チェックです!

楽しむポイントを絞ろう

リストアップするイメージ

年越しディズニー、特に今年は26時間ぶっ続けの営業ですから、めちゃくちゃ疲れます。その上、めちゃくちゃ混みます。無理は禁物です。ママちゃんが参加した時も26時間営業でしたが、夜中の時間帯はあちこちに屍のように人が転がっていました。。特にディズニーシーのマーメイドラグーンは通路の両サイドに人が寝ていて悲惨な状態でしたよ(汗)。ですので、あれもこれもと欲張らずに楽しむポイントを絞ることをオススメします。例えばミッキーに会って記念の写真を撮りたいからミート・ミッキーは外せない、アトラクションはコレとコレは最低限乗りたいからファストパスを取るとして残りは待ち時間が少ないやつを選ぶなど、あらかじめ決めておくと当日スムーズに動くことができます。欲張ると体力の限界も来ますし、逆に計画しなさすぎは時間と体力の無駄になるので、外せないポイントをリストアップしておきましょう。特に子供と一緒の場合は子供の体力を基準に考えなければなりませんから、もっとポイントを絞って楽しむ必要がありますね。事前によく話し合って決めておくのがオススメです。

宿泊予約をするのがオススメ

ホテルの部屋のイメージ

楽しむポイントを絞ったところで、丸1日以上パークで遊ぶのは無理があります。特に子供たちは疲れていても興奮してしまい、その結果怪我や事故などに繋がることもありますのでしっかりと休ませてあげる必要があります。ですので、年越しディズニーを楽しむ際は近隣ホテルの宿泊予約をしておくのがオススメですよ。オフィシャルホテルであれば大晦日に予約すればニューイヤーズ・イヴ・パスポートを購入することができますし、ニューイヤーズ・イヴ・パスポートに当選した後であればパートナーホテルでも良いでしょう。車の中で寝るという方も結構いらっしゃるようですが、車中泊では疲れが取れず、結局満喫できずに帰宅した。。というパターンになることもあります。オススメは大晦日と元旦、2泊すること。2泊予約しておけば、元旦に目一杯遊んでもホテルで休んでから1月2日にゆっくりと帰ることができて、帰宅の負担がありません。大晦日だけの予約だと元旦たっぷり遊んだ後に混雑した電車で帰るか、パパが眠い目をこすりこすり車を運転して帰らなければならないので負担が半端じゃありません。行き当たりばったりではなく、しっかり計画して年越しディズニーを楽しんでくださいね。

防寒グッズは多すぎるくらい用意しよう

防寒グッズのイメージ

冬のディズニーはとにかく寒い!特にディズニーシーはもろに海の浜風が吹き付けるのでどれだけ厚着をしていってもあっという間に冷えてしまいます。ですので、防寒グッズは多すぎるかな?と思うくらい用意していってちょうど良いですよ。オススメの防寒グッズをリストアップしてみます。

  • ヒートテックの下着2〜3枚重ね着
  • 薄いダウンジャケットをインナーに着用
  • 長すぎず短すぎないダウンジャケットをアウターに
  • 内側がボアのブーツ
  • 手袋・帽子・マフラー
  • ブランケット
  • ホカロン(貼るタイプ・貼らないタイプ・足先用)
  • 保温できる水筒に熱いお茶

服装で防寒するのはもちろんのこと、ブランケットやホカロンなど外側から防寒出来るグッズも持っておくと気温が変動した時に調整しやすいですよ。ただし、男の人や汗をかきやすい人などは、あまり中に着んでしまうと屋内に入った時に暑すぎて汗をかいてしまい、外に出た時に一気に冷えて体調を崩すというパターンにもなりますのでご自身の寒がり度に応じて調整してみてくださいね。子供の場合も汗をかきやすいので、どちらかというとアウターやブランケットなどで調整してあげるほうが良いかもしれません。

また、寒い中屋外にいると芯から冷えてしまうので、熱いお茶は本当に重宝します。水筒は大きくなくても良いので、保温性の高いものを持っておくと買える時に温かい飲み物を買っておいて水筒に入れておき、アトラクションの待ち時間などでちびちびと飲むことができるのでぜひオススメします。

パークの屋内スポットを把握して寒さをしのごう

ディズニーシーマーメイドラグーン

外にいるとどうしても冷えてしまうので、レストランを利用したり屋内のアトラクションに乗ったりと屋内スポットを駆使して寒さをしのぎましょう。

レストランの場合、事前に予約が必要(プライオリティシーティング)なレストランは大晦日・元旦は当日利用はできないと思った方が良いので、これらのレストランを利用したい場合は事前に予約しておきましょう。予約は1ヶ月前の10:00から可能ですが、11月には31日がないので、12月31日の大晦日の予約も、1月1日の元旦の予約も、12月1日の10:00から開始となります。ただし、みんな考えることは同じなので予約サイトはめちゃくちゃ混み合い、繋がった時にはもうどこのレストランも満席だった、、なんてこともありえます。そんな時のために、プライオリティシーティングがなく、屋内で休めるレストランをピックアップしてみましたよ。

東京ディズニーランド

  • センターストリート・コーヒーハウス
  • チャイナボイジャー
  • キャンプ・ウッドチャック・キッチン
  • ハングリーベア・レストラン
  • グランマ・サラのキッチン
  • クイーン・オブ・ハートのバンケットホール
  • トゥモローランド・テラス
  • プラズマ・レイズ・ダイナー
東京ディズニーシー

  • カフェ・ポルトフィーノ
  • ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ
  • ケープコッド・クックオフ
  • テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ
  • ドックサイドダイナー
  • ニューヨーク・デリ
  • ホライズンベイ・レストラン
  • ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ
  • ユカタン・ベースキャンプ・グリル
  • カスバ・フードコート
  • セバスチャンのカリプソキッチン
  • ヴォルケイニア・レストラン

また、アトラクションを選ぶ際は屋内で長時間過ごせるものを選ぶのがポイント。束の間の暖かさにうたた寝してしまう人も多いですが、寒さにずっとさらされると体力も削がれますので、少しでも暖かいアトラクションを選んで上手に体力を温存してくださいね。オススメのアトラクションをピックアップしてみます。

東京ディズニーランド

  • カリブの海賊
  • 魅惑のチキルーム
  • カントリーベア・シアター
  • イッツ・ア・・スモール・ワールド
  • シンデレラのフェアリーテイル・ホール
  • 白雪姫と七人の小人
  • ピノキオの冒険旅行
  • ピーターパン空の旅
  • プーさんのハニーハント
  • ホーンテッドマンション
  • ミッキーのフィルハーマジック
  • ロジャーラビットのカートゥーンスピン
  • スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
  • スティッチ・エンカウンター
  • スペース・マウンテン
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
  • モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”
東京ディズニーシー

  • タワー・オブ・テラー
  • タートル・トーク
  • トイ・ストーリー・マニア!
  • ニモ&フレンズシーライダー
  • インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮
  • シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
  • マジックランプシアター
  • アリエルのプレイグラウンド
  • ジャンピン・ジェリーフィッシュ
  • ブローフィッシュ・バルーンレース
  • マーメイドラグーンシアター
  • ワールプール
  • 海底2万マイル
  • センター・オブ・ジ・アース

ディズニーシーは、マーメイドラグーンが丸ごと屋内なのでやはりここで暖を取る方は多いですね。アトラクション自体は屋内でも、待つところが屋外というアトラクションも多いですから、その辺りは待ち時間等見ながら選んでみてくださいね。上手にアトラクションやレストランを利用して、快適に年越しディズニーを楽しんでください!

この記事を書いた人
シルク家 ママちゃん

現在アラサー、長男(チビちゃん)・長女(ベビちゃん)2児の母。パパちゃんと交際中からディズニーをはじめとしたお出かけが大好き。同じく子供とお出かけするのが好きなママたちの役に立てればと子連れお出かけレポートやお役立ち情報を配信。最近ではいかに楽しみながら節約するかも研究中。

⇒詳しいプロフィールはこちら

子供と遊びながら節約する方法
子供とたくさん遊びたい、でも将来のために節約も頑張りたい。。そんな悩ましい親心を解決してくれるサービスを2種類ご紹介します♪

1つ目は完全無料で作れるのに全国約10,000店舗以上で割引や優待が受けられるカードのご紹介。持っていて損はないので、シルク家もすぐに申し込みましたよ。

⇒完全無料で割引や優待が受けられるカードの詳細はこちら

2つ目は月額料金はかかりますが、全国約120,000店舗以上で割引や優待サービスが受けられる会員制のサービス。上記のカードを作れない方や、お出かけが多くてガッツリ割引や優待を受けたい方にオススメです。

⇒約12万件の割引優待がある会員制サービスの詳細はこちら

賢く節約しながら、子供たちと楽しい思い出をたくさん作ってくださいね♪