【Dハロ】ディズニーシーの園内のデコレーションは?

今回は東京ディズニーシーハロウィン2017(Dハロ2017)のパーク内デコレーションについて紹介しますね♪

2017年も東京ディズニーシーのハロウィーンはディズニーヴィランズ(悪役たち)が主役です。怪しい雰囲気いっぱいのデコレーションがたくさんあって、インスタばえしそうなものばかりでした。

エントランスのデコレーション

一番のデコレーションはやはりメインゲートのハロウィーンデコレーションでしょう。今年は”眠れる森の美女”のマリフィセントをイメージさせる紫色のイバラがメインデコレーションのようでした。
↓ ↓ ↓

入り口の石柱からイバラの根っこがはみ出して生えています。これだけでじゅうぶん不気味です(汗)
↓ ↓ ↓

マリフィセント下の蜘蛛の目が妖しく光っています。
↓ ↓ ↓

ゲートをくぐると昨年同様ミッキーたちがヴィランズに変わる肖像画が飾られています。
↓ ↓ ↓

ヴィランズに変わる瞬間が撮れましたよ。
↓ ↓ ↓

ショップのディスプレイも昨年同様、イナヅマと同時にヴィランズへと変身します。まずはミッキー&ミニーちゃんです。
↓ ↓ ↓

これが稲光とともに一旦消えます。
↓ ↓ ↓

そしてまたまたイナヅマが走り、ヴィランズが登場です。ヴィランズは代わる代わる色々なヴィランズが現れました。
↓ ↓ ↓

メインハーバー前の広場

メインハーバー前の広場の街灯には、昨年同様ヴィランズたちのタペストリーが飾られています。
↓ ↓ ↓

ひとつひとつ違うヴィランズの絵で、かなりマニアックなヴィランズのものもありました。全部の写真を撮ってみるのも楽しみですね。

アメリカンウォーターフロントのウォーターストリート

アメリカンウォーターフロントのウォーターストリートでは、メインゲートと同じく”眠れる森の美女”のマリフィセントをイメージさせる紫色のイバラが絡みついています。
↓ ↓ ↓

派手なデコレーションではありませんが、ヴィランズの怪しい雰囲気をかもし出しています。
↓ ↓ ↓

頭上にも紫色のイバラが絡みついています。逆光でちょっとわかりにくい写真になってしまいましたね(汗)
↓ ↓ ↓

SSコロンビア号前のフォトロケーション近くのレストランの入り口にもハロウィーンのデコレーション。ちょうどメインのフォトロケーションのすぐ横なので、ここも写真を撮る人で列ができていましたよ。
↓ ↓ ↓

アメリカンウォーターフロントエリアのケープコッド

アメリカンウォーターフロントエリアの『ケープコッド』はダッフィーのショップやダッフィーのショーを見ながら食事ができるレストランがあったりする場所なので、デコレーションもダッフィーにちなんだハロウィーンの飾り付けになっていましたよ。まずは船(トランジットスチーマーライン)の乗り場です。
↓ ↓ ↓

こちらは、ダッフィーです。
↓ ↓ ↓
ダッフィーのガールフレンドのシェリーメイです♪
↓ ↓ ↓

猫のジェラトニーもいます。
↓ ↓ ↓

こちらが今人気急上昇中のダッフィーの新しい仲間、うさぎのステラルーです。可愛いですね~♪
↓ ↓ ↓

ここがアメリカンウォーターフロント・ケープコッドにあるダッフィのお店『アーント・ペグズ・ヴィレッジストア』です。お店の前にハロウィーンのカボチャのかかしがありました。
↓ ↓ ↓

隣にもこんな可愛らしいカボチャと魔女グッズが・・・
↓ ↓ ↓

カボチャ魔女かかしの後ろの蜘蛛が怪しいですね(苦笑)
↓ ↓ ↓

このエリアはダッフィーファンにとってはたまらないエリアですよね。みんなダッフィーやシェリーメイ、ステラルーを抱きながらたくさん写真を撮っていましたよ。

パーク内にはダッフィーのハロウィーンディスプレイがたくさんありましたので、次の記事で紹介しますね♡

>> ダッフィーのハロウィン2017の記事へつづく

まだ使ってない!?もったいない!!

シルク家愛用の割引サービス、まだ使ってないなら今すぐチェック!
賢い主婦なら遊びも節約も諦めない♪

⇒約140万件の割引優待がある会員制サービスの詳細はこちら

⇒完全無料で割引や優待が受けられるカードの詳細はこちら