2018年の春は子連れでお花見を楽しもう♪東京・神奈川のお花見スポット6選

春といえば桜。満開の桜の下でお弁当を広げて家族でワイワイ過ごすお花見は、この季節ならではの楽しみ方ですよね。子連れでお花見を楽しむためには、子供が楽しめる場所を優先して選ぶこと。子供は「花より団子!」「花より遊び!」ですから、大人が満開の桜を楽しんでいるのを横目にお弁当にがっついたら即遊ぶことしか考えていません(笑)。

今回はシルク家が行ってみたい!と思ったかどうかを基準に、東京・神奈川の桜の名所の中でも子連れで楽しめるお花見スポットを厳選してみましたよ。また、お花見に便利なグッズも合わせてご紹介しますので参考にしてくださいね。

子連れで楽しめるお花見スポット

東京都の子連れで楽しめるお花見スポット3選

上野恩賜公園(うえのおんしこうえん)

上野恩賜公園は台東区の上野駅から徒歩2分のところにあり、上野動物園や上野の森美術館、国立西洋美術館、東京都美術館などが周りに立ち並ぶ観光にはもってこいのスポットです。不忍池でのボートを楽しむことができたりこども遊園地があったりと、子連れで一日中遊べます。お花見シーズンにはかなりの人混みが予想されるので、子供が迷子にならないように注意が必要ですね。駐車場も100台分用意されていますが、土日や春休みは混雑必至ですので電車で行った方がいいかもしれません。

 上野恩賜公園公式サイトはこちら

隅田公園(すみだこうえん)

隅田川沿いに位置する隅田公園は、東京スカイツリーを背景に桜を楽しむことができます。公園内には子供が遊べる遊具やアスレチックなどもあるので子供たちも喜んで遊べますよ。東京スカイツリーや浅草などの観光スポットにも近いので、公園に飽きても東京観光が楽しめます。駐車場はありますが普通車20台分と少ないので、満車の可能性も考えておいた方がいいですね。

 隅田公園の公式サイトはこちら

砧公園(きぬたこうえん)

砧公園は世田谷区にある公園で、「家族ぐるみで楽しめる公園」がテーマに作られました。ファミリーパークと呼ばれる一面芝生の広場は緩やかな起伏があり、子供たちが駆け回るのに最適です。桜はこのファミリーパークにもっとも多く植えられており、お弁当を広げながらゆったりとお花見を楽しむことができますよ。その他にも遊具があるアスレチック広場は子供たちに大人気。駐車場も177台分完備しているので車でも行きやすいですね。

 砧公園の公式サイトはこちら

神奈川県の子連れで楽しめるお花見スポット3選

小田原城址公園(おだわらじょうしこうえん)

小田原城址公園は、小田原城のすぐ横にある公園です。天守閣やお堀をぐるっと囲むように桜が植えられており、お城と桜のコラボを楽しむことができますよ。また、小田原城址公園にはこども遊園地もあり、多くの子供たちが大喜びで遊んでいますよ。(しかも安い!笑)シルク家も桜の季節に小田原城址公園を訪れたので、レポート記事もぜひ参考にしてくださいね。

小田原城に桜を見に行ってきました♪

小田原城こども遊園地はのりもの大好きちびっ子に最適!コスパ抜群

 小田原城址公園の公式サイトはこちら

こどもの国(こどものくに)

横浜市青葉区にあるこどもの国は、こども動物園、遊具広場、自由広場、ミニSL 、園内バス「あかポッポ号」、横浜一長いローラー滑り台、湖、ミニアスレチック、せせらぎ、つり橋、サイクリングコースなどがある大自然の中にある遊び場です。白鳥湖の西側に位置する山は全体が桜で桜堤と呼ばれており、見頃になると山全体がピンクに色づきとても綺麗です。湖ではボートやドラム缶いかだで楽しむこともできるそうですよ。正面駐車場900台、臨時駐車場750台あるので車でも行きやすいですし、こどもの国線こどもの国駅から徒歩3分なので電車でも行きやすいのが嬉しいですね♪

 こどもの国公式サイトはこちら

さくら通り(さくらどおり)・汽車道(きしゃみち)

横浜のシンボル、ランドマークタワーを背景に桜を楽しむことができるみなとみらいのさくら通りと汽車道。さくら通りは横浜みなと博物館からコスモワールドまでの約500mにわたって桜並木が続きます。汽車道は桜木町駅前から海を渡ってワールドポーターズの方まで向かう遊歩道になっており、ゆったりと桜を見ながら散策を楽しむことができます。みなとみらい周辺は公園も多いし、遊園地(コスモワールド)で遊ぶこともできるので子供も飽きませんね。近代的な街並みと桜のコラボを楽しみたい方にオススメです。

 みなとみらいのお花見コースはこちら

子連れお花見に便利なグッズ

ここからは子連れでのお花見に便利なアイテムを紹介します。お花見だけでなく、これからの様々なイベントに大活躍するグッズばかりですので要チェックですよ♪

お花見には必須!大型レジャーシート

お花見グッズと聞いてまず思い浮かぶのがレジャーシート。子連れ・家族で行くお花見には大型のレジャーシートが必須ですよね。楽天ランキングでも大人気なこちらのレジャーシートは、約136cm×約178cmと超大判なので家族みんなでゆったりと座ることができます。さらに、ぺらぺらのレジャーシートではなくしっかりとした厚手の生地なので座り心地もよく、お尻が痛くなりません。柄は可愛いし折りたためばとってもコンパクトになるし取っ手もついていて持ち運びしやすいしと人気なのも頷ける実力。子供が大きくなるにしたがって運動会やらピクニックやら海水浴やら色々とレジャーシートが活躍する場面が増えてくるので、1つ持っているととっても重宝しますね!シルク家もこのお花見シーズンを機に購入しようかなぁと考えています。

⇒大判レジャーシートの詳細はこちら

日よけ・授乳・お昼寝にもあると便利!ワンタッチテント(ポップアップテント)

あると便利なのがこのワンタッチテント。ポップアップテントとも呼ばれ、とにかく設置が簡単なのが特徴なんです。お花見だけでなく、ビーチでのレジャーや公園でのピクニック、夏の日の水遊びなんかにも大活躍するので、外遊び大好きなお子さんがいる家庭には必ずと言って良いほどあるアイテムです。

お花見の時にはレジャーシートだけで良いんじゃないの〜?なんて思うかもしれませんが、赤ちゃんへの授乳でプライバシーを確保したい時にも便利ですし、子供が眠くなった時のお昼寝をする場所にもぴったりです。UVカット機能や遮熱効果もありますし、完全に見えないように閉じることも、オープンにすることも、虫が入ってこないようにメッシュスクリーンにすることもできるのでいろんな使い方ができますよ。こんな便利なアイテムが5,000円以下で買えちゃうんですから、良い時代になりましたね〜♪

⇒ワンタッチテントの詳細はこちら

動き回る子供がいる場合はミニテーブルがあると安心!

ピクニックでレジャーシートにお弁当を広げるのも楽しいのですが、動き回るお子さんがいる家庭だと子供がお弁当をひっくり返したり飲み物にぶつかってこぼしたりしないかヒヤヒヤする、、というパパママも多いのではないですか?そんな時、折りたたみ式のミニテーブルがあると高さが出て子供の視野に入り気をつけやすいですし、デコボコした地面に置かなくて良いので安定感も出ます。テーブルで食べる、ということでちゃんと「食事」を意識して食べられるお子さんもいるでしょうし、大人も子供も高さがある方が食べやすいので外のレジャー時には持っていると便利ですよ。

このテーブルは横幅が90cmもあるので広々とお弁当を広げることができますし、コンパクトに折りたためば収納場所にも困らず、1.8kgと軽量なので荷物が増えがちなお花見でも嬉しいですね♪

⇒ミニテーブルの詳細はこちら

 

 

いかがでしたか?2018年のお花見、お子さんと楽しんでくださいね♪