江ノ電に乗って藤沢から江の島まで行ってきたよ♪

江ノ電に乗りたくて、藤沢から江の島まで行ってきました。

今回は、江ノ電藤沢駅から江ノ島駅までをレポートします。

江ノ電「藤沢駅」

藤沢の江ノ電乗り場は、小田急百貨店の2階外にあります。
↓ ↓ ↓

改札の目の前に、江ノ電グッズショップがあります。乗り物大好きな人は必見です。
↓ ↓ ↓

江ノ電の改札を入るとすぐに、車掌さんの制服と制帽がかかっていて、江ノ電の車掌さんになって写真が撮れるようになっています。制服のサイズも小さいのから大きめまで色々揃えてありました。これはちびっ子江ノ電ファンにはたまらないですね。
↓ ↓ ↓

江ノ電は、藤沢と鎌倉を結ぶ15の駅からなる路線です。途中、民家すれすれに路面を通ったり、湘南の海を眺めながら通ったり、乗っていてとても気持ちが良い電車です。ただ本数が少ないのと、車両も少ないのと、途中に高校があるのと、人気観光地なのと、と様々な理由で時間帯や曜日によってはとても混むことがあります。でも、多くの映画やドラマに使われたり、テレビのぶらり旅みたいな番組でよく取り上げられるので乗ってみたくありますよね♪ 婆婆ちゃんはとにかく江ノ電から見る湘南の海が大好きで、よく出かけています。
↓ ↓ ↓

ホーム横に、江ノ電のオリジナルメダル(スーベニアメダル)の機械がありました。1回¥200です。
↓ ↓ ↓


藤沢駅は、江ノ電の始発&終点駅ですので、ここがストップ地点です。
↓ ↓ ↓

鎌倉行きの江ノ電が入ってきましたよ~♪
↓ ↓ ↓

江ノ電乗り放題乗車券

今回は江の島に行くだけだったので利用しませんでしたが、鎌倉方面まで足を伸ばすなら江ノ電に1日何度でも乗り放題の1日乗車券【のりおりくん】¥600がお得です。鎌倉の散策場所は江ノ電の幾つかの駅で降りるのが近いため、鎌倉散策や江の島も鎌倉も訪れたいのなら、1日乗車券を買うのが断然お得です。各駅の改札で購入できます。
↓ ↓ ↓

また、始発地点が小田急線の人は、小田急線の乗車駅からのフリーパスがお得です。
↓ ↓ ↓


小田急線の乗車駅の往復と江ノ電の乗り降り自由に加え、小田急線も藤沢から片瀬江ノ島までは乗り降り自由の1日乗車券です。それぞれの小田急線の改札で購入することができます。
↓ ↓ ↓

江ノ電「江ノ島」駅

藤沢を出発して、「石上」「柳小路」「鵠沼」「湘南海岸公園」と4つの駅で停まり、5つ目の駅が「江ノ島」です。良いですね~♪この味のある駅の感じ。


平日の昼間ということもあって、混み合うことなく気持ちよく乗車できました。
↓ ↓ ↓

駅に簡単な観光マップなども紹介されていました。
↓ ↓ ↓

江ノ電は基本単線で、駅でだけ複線になっています。ちょうど藤沢行きの江ノ電と一緒になりました。
↓ ↓ ↓

下の写真のように、駅を出るとすぐに線路が単線になっています。人家と人家の間のギリギリを通って行くのがおわかりいただけますでしょうか。
↓ ↓ ↓

はい、ここが江ノ電「江ノ島」駅です。
↓ ↓ ↓

帰りは小田急線「片瀬江ノ島駅」から

ちなみに、江の島から藤沢までの帰路は、小田急線で帰りました。と、いうのも・・・。これこれ! この「片瀬江ノ島駅」の竜宮城のような駅舎の写真が撮りたかったんです。これ、何度見てもパワーがもらえて好きなんです。
↓ ↓ ↓

藤沢に着いたら、江の島行のロマンスカーがちょうど停車していましたよ。電車大好き人間には最高なタイミングでした。
↓ ↓ ↓

この記事を書いた人
シルク家 婆婆ちゃん

50代後半の主婦。東京ディズニーランドができる前からの根っからのディズニーファン。公園や動物園、植物園、水族館など自然と触れ合う場所も好き。幼児教育に携わっていた経験から、独自の観点で子供の遊びやお出かけ先をチェック。同時に割引やポイントなど子育てママも喜ぶお得情報も配信中。

子供と遊びながら節約する方法
子供とたくさん遊びたい、でも将来のために節約も頑張りたい。。そんな悩ましい親心を解決してくれるサービスを2種類ご紹介します♪

1つ目は完全無料で作れるのに全国約10,000店舗以上で割引や優待が受けられるカードのご紹介。持っていて損はないので、シルク家もすぐに申し込みましたよ。

⇒完全無料で割引や優待が受けられるカードの詳細はこちら

2つ目は月額料金はかかりますが、全国約120,000店舗以上で割引や優待サービスが受けられる会員制のサービス。上記のカードを作れない方や、お出かけが多くてガッツリ割引や優待を受けたい方にオススメです。

⇒約12万件の割引優待がある会員制サービスの詳細はこちら

賢く節約しながら、子供たちと楽しい思い出をたくさん作ってくださいね♪